« アンドロイドは電気羊の夢を見るか? | トップページ | 【ライブのお知らせ】2012/05/05 PROGRESSIVE ROCK WORKSHOP VOL.3 »

2011年10月25日 (火)

【温故知故】Budgie / If I Were Brittania I'd Waive the Rules

ブリティッシュB級鋼鉄王バッジーの6thアルバム(1976年)である。

昔々にラジオで聴いたけど、曲名がわからず、何年も聴けないままに過ごした曲ってのが、たまにある。
その曲を気に入ってしまっていたら、ずっと気になり続けることになる。
「あ~、あの曲なんちゅータイトルだったっけ~」
個人的にそういう曲の筆頭だったのが、実は、バッジーのこのアルバムのタイトル曲であった。
これを確認できたのが、つい昨日だったので、かれこれ30数年かかったわけだ。

とあるサイトの情報によると、この曲がNHKFMでかかったのが1977年だったそうだから、今をさること34年ほど前だ。
たしか、そのときのラジオのDJは「バッジーのズームクラブ」と曲紹介をしたはずだ。
この前後、この番組ではハードロック特集をやっていて、いろいろとエアチェックしたものだ。
それらのカセットテープは、しばらく繰り返し聞いて、その後のわたしの音楽的嗜好に大きく影響を与えた。
確か、ブラック・サバスなんかも同じ番組で初めて聴いたと思う。

当時は、言うまでもなく、現在のように洋楽の情報が簡単に手に入る時代ではなかった。
ましてや、中学生くらいだったら、入手できるレコードも限られている。
同世代の人なら皆経験しているだろうが、数少ない洋楽好きの友人の間で、それぞれが入手したレコードを貸し借りしあって、少ない情報を補い合ったものだ。
そんな状況で、わざわざバッジーをレコードを買うヤツなんてそうそういない。
というか、そもそも普通のレコード屋さんで売っていたのかどうかも疑わしい。
実際、レコード屋さんで新品を見たことがないような気がする。
そんな中、ラジオの情報は貴重だったし、正しいものと信じていた。
だから、その曲は「ズーム・クラブ」だと信じて疑わなかった。

それから10年ほどたって、大学生になり経済的にも余裕ができると、中学生のころ好きだったけどレコードを買えなかった作品を中古屋さんや輸入盤屋さんで買いあさったものだ。
先般、記事にしたクラトゥをはじめ、スティーヴ・ヒレッジ、プロコル・ハルム、ビーバップ・デラックス、ロリー・ギャラガーなどなど。
ある日、某中古屋さんでバッジーのベスト盤を見つけた。
「おぉ、これはまさにあのバッジーか。あ、ズームクラブも入ってる」
と勇んで買って帰って聴いてみた。
「あれぇ、こんな曲じゃなかったけど・・・」
わかる人にはわかると思うが、例の曲は同じバッジーでもまるっきり傾向の違う曲なのだった。

とはいえ、名曲"Breadfan"で始まるこのベスト盤、ゴリゴリのハードロック全開で、それはそれで気に入った。
"Zoom club"、"In for the kill"など名曲ぞろいのこのレコードは愛聴盤となったが、それでも「違う」。
それ以降、CDの時代になって、バッジーも入手しやすくなったので、何枚か買って聴いてみたが、どうも違う。
バッジーといえば、重戦車のような突進型変態ハードロックの初期の印象が強烈で、記憶にあった例の曲とは、あまりにかけ離れていた。

だから、あの曲はバッジーの曲だったというのは勘違いで、まったく別のバンドだったのだろう、と思っていた。
記憶にある例の曲を言葉で表現すると、
「ハードなギターリフで始まり、甲高いボーカルで、せわしないリズムパターンを繰り返し、ころころと曲は展開していき、チャカポコしたギターのカッティングで賑々しく終わる」
というものだ。
確かに重戦車バッジーとはだいぶん印象が違うな。

ところが、だ。
冒頭に書いたようにとあるサイトに、当時の当該番組のオンエア曲の一覧が掲載されていて(よくぞこれほどまでに詳細に・・・と感心したが)、それで確認すると、確かにあるある。
しかし、これは聴いたことのない曲だ。
さっそく某通販サイトで発注。
だいぶん待たされて、昨日めでたく入手した次第。
30数年ぶりに聴いてみると、さきほど説明したとおりの曲だった。よかった。

本作は、バッジーの全盛期から下り坂にさしかかった時期の作品のようで、かつての重戦車バッジーの雰囲気はあまりない。
しかし、ハードなギターリフとどたばたしたリズムと、あの甲高いへにょっとしたボーカルはまさしくバッジーだ。
ブラック・サバスと同傾向のバンドに扱われがちなバッジーであるが、まぁ、確かに似た雰囲気はあるけど、おもむきはいささか異なる。
サバスみたいに「どろっ」とした暗さがあまりないのよね。歌メロも妙に明るいし。
そこが、このバンドの個性になっている。
本作では、その「どろっ」としていない部分が前面に出て、初期の重さが乏しく、ある意味極めて個性的な音楽ではある。
だから、いわゆるヘヴィーメタルを期待するとおおいに肩透かしを喰らう作品であるが、いかにもイギリスのハードロックらしいひねくれた感性は健在だ。
彼らとしては新機軸なのだろう、ファンク調のリズムパターンも取り入れたり、ギターオーケストレーションに挑んでみたりするだが、ちっとも垢抜けないところが、いかにもブリティッシュな感じでいいな(このあたりがB級呼ばわりされる所以なのであろう)。
そういう意味では、フォーク調で歌メロがややメランコリックなアコースティック曲は、初期から一貫した彼らの持ち味になっている。
これはちょっと興味深い特徴だな。
しばらく、バッジーにはまりそうな気がする(今さら?)。

Budgie

|

« アンドロイドは電気羊の夢を見るか? | トップページ | 【ライブのお知らせ】2012/05/05 PROGRESSIVE ROCK WORKSHOP VOL.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/42681312

この記事へのトラックバック一覧です: 【温故知故】Budgie / If I Were Brittania I'd Waive the Rules:

« アンドロイドは電気羊の夢を見るか? | トップページ | 【ライブのお知らせ】2012/05/05 PROGRESSIVE ROCK WORKSHOP VOL.3 »