« 【温故知故】Over the Rainbow | トップページ | 祇園祭 »

2011年6月28日 (火)

クリス・スクワイアの逆襲 : Fly from here / Yes

Fly from here / Yes

Fly_from_here

イエスの新譜が出た。
"Magnification"以来10年ぶりとのこと。
しょっちゅうコンピレーションや発掘ライブ音源などが出ていたので、そんなに間があいているとはついぞ思わなんだ。
メンバーは、スクワイア、ハウ、ホワイト、まぁ順当。
意外にもジェフリー・ダウンズが参加している。
この人は、エイジアがらみでこのあたりの人たちと仕事をしていることが多いので、実は「意外」という印象はあまりなかったのであるが、よくよく考えてみると、"Drama"以来になるようだ。
30年ぶりだな~。
ボーカルはアンダーソンは病欠?で、Youtubeでスクワイアが発掘したというヴェノワ・ディビッドという人。
で、プロデュースがトレバー・ラビンじゃなくってトレバー・ホーン。
おぉ、この面子は、ほぼほぼ"Drama"イエスの復活ではないか。

本作に関する各種レビューを読むと、"Drama"イエスの復活と大々的に報じられている。
クリス・スクワイアの遺恨試合であるかのような言いっぷりである。
発表時の評価が、よほど不本意だったのだろうか。

以前は"Drama"はアンダーソン、ウェイクマン不参加作品なのでイエスとは認めん、という保守的なリスナーも多かったと思うが、それ以降の音楽性の拡散振りを見るにつけ、「古き良きイエス」を体現した傑作と評価が高まってきている(と思う)。
"Drama"は、アンダーソン、ウェイクマン脱退後、「ラジオスターの悲劇」で一世を風靡したバグルスの二人組み(ホーン&ダウンズ)を取り込んで、テクノ+プログレの新機軸を目指した作品としばしば評される。
とはいえ、聴いた感じでは、バグルスっぽいテクノ色は薄味で、むしろ楽曲の骨格は初期("The Yes Album"のころかな)のようにがっしりとして、ハードロック的な豪快さに溢れている(と思う)。

そんなわけで、"Drama"イエスの再現を期待して聴いてみた。
後半の数曲は、なんとなく録音しました、みたいな感じでいささか統一感に欠ける嫌いはあるが、冒頭の組曲では、いかにもイエスらしい音楽が聞かれる。
なかなかいいな、これ。
しかし、"Drama"の続編かというと、そんなでもなく、意外にも、むしろ"ABWH"を想い起こさせる。
おっかしいなぁ~。メンバーは"H"しかかぶっていないのだが・・・。
気のせいかな。

新加入のディビッドは、確かにアンダーソンっぽい雰囲気もあるが、「そっくりさん」というほどではない。
下手なボーカルではないと思うが、とりたててすごいこともない。
どことなく、"Drama"でのトレバー・ホーンに通ずるものがあるような気もする。
写真を見る限り、風采の上がらない普通のおっさんでしかないのだが、これからどうなってゆくのだろう。

というわけで、期待はちょいと裏切られたが、老いてますます盛んなスクワイア爺さんでした。

Kc_projekct

A Scarcity of Miracles / A King Crimson ProjeKct

ついでに・・・というわけでもないのだが、同時に発表されたのが、英プログレ業界のもう一方の雄、キング・クリムゾンはロバート・フリップ翁の新プロジェクトの作品も入手。
「キング・クリムゾン最終形態ついにその姿を現す!」な~んて相変わらずの煽り文句で、過大に期待を膨らませてしまうのが、門徒の悲しい習性か。

メル・コリンズが参加している以外は、いわゆるクリムゾンのメンバーは不在なので(トニー・レビンがゲスト参加している)、"ProjeKct"名義にしているのであろう。
ボーカル、ギターのジャッコ・ジャクスジクという人は、確かマイケル・ジャイルズの娘婿だったのではなかったか。
この人は「21世紀の精神異常バンド」で来日公演をしているので、見たことがあるはずだが、あまり印象にない。

で、聴いた感じは、ゆったりとしたジャズ・ロック?
エイドリアン・ブリュー在籍時の、ちょっと叙情的でメロディアスな曲みたいなのをコンテンポラリーなジャズ風のアレンジでやってみました的な、なんと言っていいのかわからない作品。
フリップ翁は「ヌーヴォー・メタル」をやめちゃったのかな?
決して聴き苦しい音楽ではないので、損した気分にはならないけど、これが「キング・クリムゾン最終形態」と言われても、いささか納得がいかない。

ところで、近年クリムゾン関係諸作のジャケ絵は、同じ人が描いているような気がするが、本作も同じような感じのイラストだ。
青木繁の有名な絵(なんだったけなぁ?)をアンリ・ルソーが描いたような。
ちょっと不気味だが、結構好きだな。

【以下、6/29に追記】

・・・と書いてはみたものの、改めて聴きなおしてみると、

>"Drama"の続編かというと、そんなでもなく、意外にも、むしろ"ABWH"を想い起こさせる。

てなことはまるでなく、タイトルとなっている組曲に関しては、楽曲、アレンジ、サウンド、演奏ともに"Drama"の続編といっても差し支えない。
"ABWH"とはだいぶん違う。
あえて、似ている点を挙げれば、
「イエスに関与したメンバーが『イエスらしさ』を追求して製作した音楽」
という雰囲気が漂っている点だろうか。

今後、アンダーソンが復帰することになったりしたら、この作品の扱いはどうなるのだろうか。
"Drama"なみに冷遇されてしまうとすれば、ちょっと残念かも。
いずれにしても、スクワイアの底力を感じさせる力作である。

|

« 【温故知故】Over the Rainbow | トップページ | 祇園祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/40578960

この記事へのトラックバック一覧です: クリス・スクワイアの逆襲 : Fly from here / Yes:

« 【温故知故】Over the Rainbow | トップページ | 祇園祭 »