« 【よた帝通信】「妄想科学大戦」終了! | トップページ | 悪の経典 »

2010年5月18日 (火)

【追悼】米歌手R・J・ディオ氏死去

なんてことだ。
闘病中とは聞いていたが、亡くなってしまうとは思わなかった。

日本では、“ヘヴィメタ界のサブちゃん”と呼ばれて親しまれていたそうだが(なんだそりゃ)、確かに老いてますます盛んな佇まいは、そういう形容もあながち間違っていなかったのかも。

よくよく考えてみると、我々世代がロック聴き始めのころのスタープレイヤーは、ほとんど還暦過ぎのじいさまになっており、いつ亡くなっても何の不思議もない。
ロニーも1942年生まれだから、レインボーで歌っていたときで既に30歳を超えていたのか。
なかなか苦節の人だったのだなぁ。

2007年のHeaven and Hell来日公演が、ロニーを生で見た最初で最後になった。
再結成バンドにありがちなじいさんバンドの集金ツアーという枯れた雰囲気は微塵もなく、現役感むんむんの熱いパフォーマンスだったなぁ。
そのときでも既に65歳・・・。
普通なら、会社もリタイアして孫に囲まれて穏やかな隠居生活を送っていてもなんら不思議のない年齢である。
きっとプライベートでは、ロニーもそういう面があったのだろう。
名も成し、財も成し、普通ならフロリダあたりで優雅に暮らしていてもよさそうなものだが、極東の島国で小猿のように跳ね回り、「暴徒の掟~」とか「天国と地獄ぅ~」などとこぶしを効かせて歌っていたのだ。

近年、同世代のじいさんバンドの公演をいくつか見たが、やはり全盛期のすごさは感じられず、いささか残念な感じで帰途につくこともままあった。
特にボーカルは肉体労働なので、衰えは顕著にわかる。
全盛期のロニーは見ていないが、07年であのすごさだったら、80年だと、もうたいへんなことになっていたのだろう。
返す返すも80年のブラック・サバス京都公演を見逃したのが悔やまれる。
きっと、一生後悔し続けるのだろう。

そんなわけなので、今夜はレインボーとサバス(とディオ)を聞きながら、ロニーの冥福を祈ろうと思う。

Ts3g0156

|

« 【よた帝通信】「妄想科学大戦」終了! | トップページ | 悪の経典 »

コメント

超お久しぶり。
私も昨夜はelfのロニーを聴き直していました。
これから先もロックスターの訃報に触れていくのでしょうが、音楽は残るのだと。。

そんなことで、皇帝日記はRSSで購読していましたよ。

では、また。

なにげにルカさんが混ざっている件w

投稿: shin | 2010年5月18日 (火) 12時20分

・・・なんと。
淋しいですねえ。ロニーをはじめて聴いたのは高校1年の時だったかなあ。
RAINBOW、STAR GAZERに感動しました。ロニーが歌うRAINBOWをこよなく愛聴しましたっけ。

RAINBOW脱退後のロニーはあまり追いかけてなかったのですが、DEEP PURPLEファミリーでイアン・ギランと一緒に歌ってるロニーを久しぶりに見て懐かしく思っておりましたのに。

・・・これから、だんだん往年のロックスターが寿命を終えていくのでしょうか。そう考えると淋しくなります(ρ_;)

投稿: てりい | 2010年5月18日 (火) 21時18分

>shinさん

ご無沙汰です。
ありゃ、読まれていたのですね。恐縮です。

>音楽は残るのだと。。

そうですよね。
CDを回せば、いつでも聞けるわけで、そういうふうに自分の仕事を後世に残せるのは、ミュージシャン冥利につきるのではないかと。
自分も何か残せるものを作りたいものです。

>なにげにルカさんが混ざっている件w

あ、ばれましたか(^^;


投稿: 皇帝 | 2010年5月19日 (水) 02時05分

>てりいさん

>ロニーが歌うRAINBOWをこよなく愛聴

あ、それってちょっと意外。

>RAINBOW脱退後のロニー

老いても、まったく衰えを感じさせないところがすごかったですね。
サバスの近年の作品でも以前にも増して凄みある声を出してます。

>だんだん往年のロックスターが寿命を終えていくのでしょうか

いたしかたのないことではありますが、確かに寂しいですね。
というか、われわれもそろそろそういう歳になってきてるのが、ちょっと愕然。

投稿: 皇帝 | 2010年5月19日 (水) 02時12分

皇帝さん、非常~にご無沙汰しております。<(_ _)>
Heaven and Hellの打ち上げでご一緒させて頂いたジャスミンです。
あの時、こんなに早くこんな訃報を聞く事になるとは、全く考えられませんでした。

80年の中野サンプラザのライブはラジオから録音してしつこく聴いたものです。
私の場合はレインボーのリベンジとして遥々大阪まで出向いたわけですが、皇帝さんも書かれているように、年寄りの懐かしのヒットパレードとは全然違っていました。ディオの往年の時と変わらぬ(見てないから知らんけど)パフォーマンスに自分も少女期に遡ってその場にいたように感じました。ほんと、行って良かったです。(涙)

投稿: ジャスミン | 2010年5月19日 (水) 17時42分

>ジャスミン さん

ご~ぶさたです。

>年寄りの懐かしのヒットパレードとは全然違っていました。

いや、まったくそうでしたね。
やってる曲は30年前の曲でしたが、圧倒的な存在感が古さを払拭してました。
つくづくメタルは普遍音楽ですなぁ。
それもこれも、ロニーの溌剌としたパフォーマンスとアイオミ先生の司祭が如き佇まいがあってこそ、かと。


投稿: 皇帝 | 2010年5月21日 (金) 02時52分

80年の京都会館はあほの○田といっしょに見に行ったぞ〜

投稿: きしやん | 2010年10月15日 (金) 00時30分

>きしやん

あ、ご無沙汰。
また悔しい思いを思い出したぞ。

今週末は、Loud park 10行ってくるよ。
オジーの見納めかもしれんしね。

投稿: 皇帝 | 2010年10月15日 (金) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/34747365

この記事へのトラックバック一覧です: 【追悼】米歌手R・J・ディオ氏死去:

« 【よた帝通信】「妄想科学大戦」終了! | トップページ | 悪の経典 »