« 「空の巻き貝」とか。 | トップページ | イメージの魔術師 »

2009年11月22日 (日)

京都縦断ライブ観戦。

めっきり寒くなって、もはやTシャツ姿でうろうろできなくなってきた。
毎年のこととはいえ、冬は確実にやってくるなぁ。
寒いのは好きではないが、冬になって上着を着ると、ポケットが急に増えて、ものを持ち歩くのに便利になるので、冬は好きだ。

そんなわけで、今日はライブの2箇所で観戦。
どちらも京都で比較的最近できたライブハウスで、そういう意味でも興味津々で足を運んだ。

まず昼の部。
京都FANj
烏丸線国際会館駅から徒歩10分くらい。
宝ヶ池通りの東の果てにある。
そもそも国際会館ってところは、駅を降りた風景が「地の果て」っぽくて、なんかいい感じだ。
外見ではライブハウスとはとても思えない建物であるが、なるほどライブハウスというより多目的小ホールという感じで、これなら演劇でも、室内楽くらいならクラシックのコンサートもできそうだ。
岩倉あたりって高級住宅街という印象があるが、そういう感じのハイソ(死語?)な佇まいである。
中は天井が高く、ステージも広く、こういう感じのライブ会場は京都ではMUSEくらいしか思いつかない。

Ts3g0132 さて、今日はForefingerのボーカリスト、まさやんが別途所属するTroubadorのライブ。
ギターオリエンテッドな感じのハードロックで、マイケル・シェンカーのカバーなんかもあったり。
演奏開始時は、やや硬さも見られたが、途中からいい感じに暖まってきた。
まさやんのボーカルも力強く、一体感を感じさせる演奏だった。
ギターの人がうまかったなぁ。
ちょっと残念だったのが、低音がもこもこした感じだったことか。
広いホールだから、もう少し抜けのよい音で鳴ってもよさそうなものだが・・・。

夜の部に向かうため、そそくさと岩倉を後にして、今度は烏丸線から近鉄に乗り換えて伏見まで。
近鉄伏見駅から徒歩約10分、Buzz
国道沿いに何気なく佇むかのようにあったので、まことに意表をつく立地である。
これがライブハウスだとはなかなか気付かないな。
ちょっと洒落た感じの看板屋さんとかインテリア工房みたいな感じ。

もう日も落ちて、だいぶん寒くなってきていたが、うまいタイミングでお店の前でOAKのメンバーと遭遇。
OAKとは姫路を本拠地とするプログレバンドで、よた帝とはなんやかんやで10年近いお付き合い。
久々の再会を言祝ぎ、さっそく店内に潜入。
入ったところはバーになっていて、ホールは2階に階段で登る。
ここも天井が高く、やや左右の壁の圧迫感があるが、照明設備もしっかりしていて、なかなか期待させる造作である。

Ts3g0136_2 Ts3g0135 ややあって、最初のバンドの演奏が始まった。
Mayflyなる若者バンドだ。Mayとfly・・・なるほど、名は体をあらわすってヤツか(^^;
こっちは高音がキンキンした感じで、やや聞き苦しい。
低音はすっきり抜けていたので、つくづくライブの音響ってのは難しいものだと思った。

OAKの演奏は、ギタートリオでありながら、EL&P、エイジア、キング・クリムゾンのカバーと、プログレ者には垂涎ものの選曲。
お約束の超高速Hoedownで勢いをつけて、「21世紀の精神異常者」、「庶民のファンファーレ」と続く。
Cozyさんのパワフルでかつ繊細なドラムに引っ張られ、ギターのポンさんもハイテンションに応酬。
いつもながらの圧倒的な演奏を聴かせてくれました。
「体育会系プログレ」を自称されていましたが、まさにそんな感じ。
しめは「ロンド」。
会場にいた青年諸君は度肝を抜かれていたようである。
プログレオヤジの底力を見せ付けたってところか(^^;

次にSylvestarなるこれまた若者バンド。
しょっぱなからリードボーカルのマイクトラブルなど気の毒なところもあったが、キーボードを取り入れた色彩感のある穏やかな演奏だった。
いいバンドだな。
次に仙台から来たというJack Pot Bell。
小柄な女性ギタリストと茶髪のおにーさんギタリストが交互にボーカルをとるパンクバンド。
とはいえ、ポップでキャッチーなメロディがなかなか魅力的なバンドだった。

ここまで聴いて、さすがに耳が疲れたので早々に退散。
帰りに某カレーチェーン店で「カキフライカレー」を食べた。
カキフライはおいしいなぁ~。
木になるカキは苦手だが、カキフライは好物だ。
とりあえず食べられる状況ならば、可能な限りカキフライは食べる、というのがモットーである(なにを力説しているのやら)。

近所の古本屋に久しぶりに立ち寄り、マンガ本2冊とCD一枚を購入して帰宅。
CDはFunkadelicの編集盤。やっぱP-Funkはいいなぁ。
帰宅後、買って帰った本のうち、一冊は既に購入済みであったことが発覚。
あぁ、悲しい。

|

« 「空の巻き貝」とか。 | トップページ | イメージの魔術師 »

コメント

昨日は、お越し頂き、ありがとうございました。
差し入れまで頂き、感涙であります。

私の加入によって、バンドの本当のスタートを切った!と、
メンバーが言ってくれて、幸せ過ぎる状態です。
より良いものにしていきます。

またまた、セクハラして、ごめんなさいheart

投稿: まさこ | 2009年11月22日 (日) 19時10分

>まさこさん

お疲れさまでした。

>バンドの本当のスタートを切った

そうなんですか。
そんなふうには見えない堂々とした演奏でしたよ。
これからのご発展、期待しています~。


投稿: 皇帝 | 2009年11月23日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/32304749

この記事へのトラックバック一覧です: 京都縦断ライブ観戦。:

« 「空の巻き貝」とか。 | トップページ | イメージの魔術師 »