« 六合主催イベント『凛音』 2009/06/20 at Mojo in Kyoto | トップページ | 「さらばBBA~The Beatlesおさらいセッション」と若干の告知 »

2009年6月28日 (日)

Forefinger Live at Modern Times 2009/06/27

ときどきお邪魔して下手なフルート、サックスを披露しているForefingerのライブであった。
今回は、バンドの創立メンバーであるMFCオーナーの参加するラストライブということもあり、気合を入れて臨んだ。
記録をひもとくと、2004年の6月が「衝撃のファーストライブ」だから、もう5年にもなる。
結構長い間おつきあいいただいている訳だ。

Forefingerは、その名の通りForeignerのコピーを中心としたバンドである(恐らく日本唯一)。
プロジェクト的に「~のコピバン」を作ってライブを一本やっておしまい、というスタイルのコピバンが主流の中、固定メンバーで続けていて、しかもセットリストは毎回違っている(そういえば、もう"Long way from home"のサックスも長く吹いてないなぁ)ということは賞賛に値すると思っている。
演奏の安定感、メンバーのリレーションシップの高さ、毎回多種多様なコスプレ(^^;、即席バンドではなかなか出せない味がある。

さて、いつもは2~3曲、ちょこっとだけ吹くというのが参加形態だったが、今回は"Starrider"をライブバージョンで演奏することになり、なんとフルートソロが延々と続くという構成になっている。
えらいことになったなぁ・・・と思っていたけど、何回かリハを重ねて、だいぶん型にはまってきて、これならまぁ、本番でも大丈夫?というところまで漕ぎ着けた。

当日は3時に会場入り。
Modern timesとは、かの有名なRAGの入っているビルの地下になる、こじゃれた感じのライブハウスというよりライブパブレストランという感じのお店。
客席もテーブル席で店内の雰囲気も明るい。
会場に入るとPA担当の方が、挨拶に来られた。こういうことって、当たり前のように感じるけど、実はめずらしいことである。
お店の経営姿勢がうかがえて、なかなか好印象。

リハが終わって、空き時間もあったので、会場からほど近いBOOK OFF三条京阪店に行って、以下の3冊をゲット。
ラブクラフト全集6 H・P・ラブクラフト 東京創元社
対訳ブレイク詩集 ウィリアム・ブレイク 岩波書店
捏造された王国 島崎晋 学習研究社

ラブクラフトはいわずとしれたコスミックホラーの巨匠。
実はよた帝の歌詞は直接、間接的に大いに影響を受けている。
ブレイクは英国の国民的詩人。日本で言ったら芭蕉みたいなものかな?
プログレ者の間ではELPの「聖地エルサレム」の作詞者として名高い。もちろん本日の対バン、Sons of eveに敬意を表して買ってみた。
「捏造された王国」ってのは、どうもいわゆるトンデモ系古代史本らしいが、出雲王朝VS大和王朝ネタというのに興味があるので、ついつい。
失われた出雲王朝の末裔を自認するものとして、避けて通れないテーマである(ウソですよ)。

そんなこんなで会場に戻ると既に演奏が始まっていた。
最初はエムクラフト。最近デビューした若手ポップバンドらしい。若々しくって、いい演奏だった。
二番目は田辺モット氏を中心とするセッション。
ドラムに内伸ことぼじお君、ギターにStonecold氏と見知ったメンバーが参加していた。
最後にクリムゾンの「レッド」をやっていた。昔々によた帝でも散々演奏した曲なので、懐かしい気分で聴いていた。
一時期、ぼじお君によた帝で客演してもらったとき、彼はブラフォード嫌いを公言していたが、やはり今回も彼のプレイはブラフォード的というよりテリー・ボジオが「レッド」を叩いたら、という感じだった。
以前、客演してもらった「宮殿」も、マイケル・ジャイルス的ではなく、やはりテリー・ボジオが叩いたら的な感じなっていたことが思い出される。
終演後、かの偉大なドラマー、テリー・ボジオにあやかった二人のドラマー、ぼじお君とてりいさんとにはさまれてUK再結成談義に花を咲かせた。
個人的な結論としては、ドラム=テリー・ボジオ、キーボード=エディ・ジョブソン、ボーカル=ジョン・ウェットンで、ベースを誰か別の人(トレイ・ガンあたり?)でやっていただきたい、ということになった。

さて、長い前振りであったが、Forefingerの演奏である。
結論をいうと、まことに申し訳ない、とメンバーに陳謝したい気分だ。
せっかく長時間いただいたソロでぐだぐだになってしまった。
さらに、どうも演奏中に違和感があったのだが、客席ではフルートのピッチが相当ひどいことになっていたようだ。悲しい。
とはいえ、フルート抜きの演奏は、舞台そでで聞いていたが、非常にまとまって力強いもので、さすがであった。
オーナーが抜けてもバンドは続けていくそうなので、これからもがんばっていっていただきたいと思った。

トリは名古屋からやてきた稀代のELPコピバン、Sons of eveである。
彼のライブは何度か見ているが、なによりもキーボードのVoyager氏のエマーソンなりきり具合が凄まじい。
演奏はもちろん機材からパフォーマンスから、もうエマーソンに対する愛情が溢れまくっているといつも思う。
ひょっとして世界最高なのではなかろうか。
この日のセットは、

America
The endless enigma (part1)~Fugue~The endless enigma (part2)
Tarkus
Fanfare for common man~Rondo~Nutrocker
Hoedown
(・・・だったと思う)

やや地味な印象の「トリロジー」から大作を演奏してくれたのが、非常にうれしい。
(おかげで今日は朝からELPを聴いている)
彼らの演奏を聴いていると自分の演奏の不出来なんてどうでもよくなってきた。
ベース&ボーカルのはじめちゃんがさりげなくよた帝の宣伝をしてくれていたのが、ありがたいことである。

しかし電車の時間及び非常な疲労感のため、打ち上げ途中で早々に退散。
帰ってから、やっぱり演奏の不出来が気になって凹状態。

|

« 六合主催イベント『凛音』 2009/06/20 at Mojo in Kyoto | トップページ | 「さらばBBA~The Beatlesおさらいセッション」と若干の告知 »

コメント

この度は、無理を言ってフルートで参加頂きまして、
本当にありがとうございました。
フォリナー・ファンであり、一応コピバンの創立メンバー(笑)としては、
「Starrider」を、それも初期ライブバージョンで演奏するのは
悲願でありました。
最後になって、よたろう皇帝のおかげで実現したこと、
深く感謝しております。

文中にも触れておられる通り、FOREFINGER
の初ライブは今から5年前、
よたろう皇帝とジョージ君のヘルプを得てのものでした。
そして、今回も皇帝と共演、と浅からぬ縁を感じます。
自分はいなくなりますが、これからもFOREFINGERをよろしくお願いします。

投稿: MFCオーナー | 2009年6月28日 (日) 14時49分

お疲れ様でした^^

大作でのフルート見事でした!!

ロックバンドであれだけ吹きまくるのを見たことないんで、見入っておりました^^

ダブルビとロングのサックスがまた聞ける日も楽しみにしております^^

投稿: ASH | 2009年6月28日 (日) 14時55分

愛する皇帝、昨日は、ありがとうございました。
あなたのコスプレ好きが、今のForefingerにうつりました。
大変感謝しております。
また、ご一緒できますように。

投稿: ベティ | 2009年6月28日 (日) 22時16分

お疲れ様でした!

forefingerの2004年大阪ライヴのとき、皇帝陛下出演されてましたよね。同じステージで、当時はjanis blancでTOTOをやっておりました。早いものですね。

starrider・・・感動しました。
デイレイの効いたフルートの美しさ・・・同じくフルートをやっている長女に聴かせてやりたいです。

投稿: てりい | 2009年6月28日 (日) 23時37分

>MFCオーナー

お疲れさまでした。

>「Starrider」を、それも初期ライブバージョンで演奏するのは悲願でありました。

ううう、そのような悲願の演奏で、ぐだぐだになったわたくしをお許しください(ToT)

記録を紐解いてみると、オーナーと始めてお目にかかったのは、2003年7月梅田でのよた帝ライブの打ち上げでしたね。
なんと6年間もの間、いろいろお付き合いいただきありがとうございました。
とはいえ、首都圏と関西、電車で3時間弱の距離です。
今後ともよろしくお願いしますね。


投稿: 皇帝 | 2009年6月29日 (月) 00時42分

>ASHくん

お疲れでした~。

>ロックバンドであれだけ吹きまくるのを見たことないんで

わたしもあれだけ吹きまくったのは初めてです(^^;
さすがにしんどかったです。
もっと修練を積んで、がんばります。

投稿: 皇帝 | 2009年6月29日 (月) 00時44分

>ベティさん

ライブの衣装を嬉々として準備するべてぃさんを見ると、わたしもコスプレイヤーの血が騒ぎます。
よた帝での衣装もそろそろ新機軸で行こうかな、と思う今日この頃(^^;

また、機会があれば声かけてくださいね~。

投稿: 皇帝 | 2009年6月29日 (月) 00時47分

>てりいさん

お疲れでした~。
それから、今日いけなくてごめんなさい。

自分が演奏していないときはステージそでから客席を観察していたのですが、てりいさんの声と姿が一番確認しやすかったです。
ああいう声援がプレイヤーを元気づけるんですよね。
ありがとうございました。

>同じステージで、当時はjanis blancでTOTOをやっておりました

そうそう、そういえばそうだった。
あのイベントって結構、今に至る諸々のスタートになっているんですねぇ。

>同じくフルートをやっている長女に聴かせてやりたいです。

あ、それはやめたほうが・・・(^^;


投稿: 皇帝 | 2009年6月29日 (月) 00時54分

客演、ありがとうございました。
フルートのピッチが狂うんですか。そう言えば、鞴座の人が、気温でピッチが微妙に変わる笛があるって話をしてましたね。オーナー最後と言うことで、心理的にも影響があったかもしれませんね。

じゃあ、リベンジしましょう!

投稿: 忍者 | 2009年6月29日 (月) 01時18分

>あ、忍者さん

そうなのよ。
管楽器(特にフルート)は温度によってピッチが変わります。
金属だから微妙に伸び縮みするらしいです。
冷えると上がって、温まると下がります。
スポット浴びて、温度上がったかなぁ・・・。
しかし、ちょっとピッチ上がっていたような気がするしなぁ。
それよりも、長い間吹いていたので、口元(アンプシュアといいますが)が乱れたのが最大の原因ではないかと。
つまりまだまだ修行が足りん、ということです。

リベンジ、また機会をください(^^;


投稿: 皇帝 | 2009年6月29日 (月) 02時06分

おつかれさまでした。フルートの熱演だったんですね、諸々の事情で(苦笑)残念ながら観にいけなかったのですがが、ちょっと後悔、、

で、違うところに一言。
トレイガンではUKにはなりません(キッパリ)!
UKは(ハードな)ロックスピリッツ溢れるプログレなんです。ガンさんのUKは正直がっかりでした。
ていうかベース弾きながら歌うのがプログレです(笑)

投稿: ろくまん | 2009年6月29日 (月) 09時52分

おつかれさんでした。

>やや地味な印象の「トリロジー」から大作を演奏してくれたのが、非常にうれしい。

そういう耳で聴いてもらえてうれしいぞ。

よた帝もがんばってね~

投稿: はじめちゃん | 2009年6月29日 (月) 10時36分

いやぁ、分かってくれましたか(笑)
まさに「Terry Bozzioが叩くクリムゾン」をイメージして演奏したんですよ。
しかも若い頃のBozzio。
"Red"は暴力的な程カッコ良くなると思います。

U.K.はろくまんさんと同意見。
そして、ギターは不要です(笑)

投稿: sin | 2009年6月29日 (月) 23時40分

>ろくまん殿

フルートの熱演はともかくなかなか楽しいイベントでしたよ。

それはさておき、トレイ・ガンはだめですか。
最近のクリムゾンでは結構いい感じだと思うんだけどなぁ・・・。
歌うベーシストという意味では、クリス・スクワイアでもいいかな、ってどこのバンドの話や。
もう、いっそのことろくまんが加入するとか(^^;


投稿: 皇帝 | 2009年6月30日 (火) 01時47分

>はじさん

お疲れでした~。
ちょっと意表をつかれた選曲で、うれしい誤算でしたよ。
Endless enigmaを生で聴いたのは初めてだったしね。
東京遠征もがんばってください。
よた帝も、間もなくいろいろお知らせすることができると思います。

投稿: 皇帝 | 2009年6月30日 (火) 01時50分

>sinくん

やっぱりそうだったのね(^^;
アルバム「レッド」でのプレイはブラフォードとしては破格に暴力的だけど、確かにテリー・ボジオの方が一枚上手かもしれんね。

UKギター不要論には、わたしも一票(^^;

投稿: 皇帝 | 2009年6月30日 (火) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/30314957

この記事へのトラックバック一覧です: Forefinger Live at Modern Times 2009/06/27:

» 新たなる出発 [日々の覚書]
昨日(6月27日)は、FOREFINGERのライブだった。 ま、知ってる人は知っ [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 20時58分

« 六合主催イベント『凛音』 2009/06/20 at Mojo in Kyoto | トップページ | 「さらばBBA~The Beatlesおさらいセッション」と若干の告知 »