« Djamra live at Nano in Kyoto | トップページ | 【よた帝通信】「常世の門」店頭販売のお知らせ。 »

2008年1月 5日 (土)

謹賀新年~Voodoo child (slight return)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。

今年は新年早々、「あしたのジョー」全12巻(講談社漫画文庫版)を読破してしまいました。
やっぱり名作は何度読んでもいいなぁ。
一般に思われているいわゆる「スポ根」ものとはちょっと違う、贖罪と魂の解放の物語。
まさしくこれは「神話」の領域の物語だ。

それはさておき、今月13日に挙行されるBBAセッション第一弾で、お題に挙がっているジミヘンについて。
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのサードアルバム「エレクトリック・レディランド」。
ジミの最高傑作とされるこの作品、中学生のころ、親しんだアナログ2枚組みLPと現在流通しているCDでは曲順が違っていることは有名である。
LPでは1枚目のB面にあたる部分が、CDでは最後になっている。
個人的には長年慣れ親しんだLPの方がしっくりくる。
すなわち、"1983...(A Merman I should turn to be)"~"Moon, turn the tides, gently, gently away"の幻想的なインストで静謐のうちに終わる構成ね。
現行CDでは"Voodoo child (slight return)"で、荒れ狂うジミのギターのフェイドアウトで終わっている。
なんだかいささか消化不良な気がする。

で、だ。
LP盤に慣れ親しんだ人ならご理解いただけると思うが、このラストナンバー、CDでは「ヴードゥー・チャイルド」という曲名になっている。
これはおかしい。
この曲名は「ヴードゥー・チャイル(2)」だったはずではないか。
・・・ということに最近気がついた。
というのは、先般述べたBBAセッションの候補曲選定会議に顔を出していたとき、プロデューサーが出した候補曲リストに"Voodoo child"と記載されていたからである。
「あの曲は『チャイル』であって、『チャイルド』じゃない。訂正しなさい」と強硬に主張した。
ところがその後、ちょっと気になって手持ちのCDを見てみると、なんと"Voodoo child (slight return)"と表記されているではないか!
「えぇ~、そんな~ん、おかしいやん」El_2

この正月に実家に帰る機会があったので、段ボール箱に詰め込まれているLPから「レディランド」を引っ張り出して確認してみた。
(ちなみに、悪評高いこの日本版ジャケット、わたしは嫌いじゃないです。いや、スケベ心で言っているわけじゃなくって)
やはり、しっかり「ヴードゥー・チャイル(2)」と記載されている。わたしの記憶違いというわけではなかったのだ。
しかもジャケットに印刷されている英文表記も"Voodoo chile (slight return)"だ。
うむむ、この30年ほどの間に一体何があったのか?
え?30年?
そんなに経てば、いろいろ事情も変わって当然か。Voodoochild3 Voodoochild2_2
所有しているCDは輸入盤なので、あまり詳細な情報は得られないのだが、ブックレットに掲載されているジミの本作に関する自筆メモの写真を見ると、確かに"Voodoo child (slight return)"と書いてある。
しかも"chile"をぐりぐりと上からなぞり書きで訂正して"child"。
ということは、もともと"child"だったのだが、"chile"とLPでは誤って表記されていたということになる。
LPでいうとA面の最後のブルースジャムは"Voodoo chile"で間違っていなかったので、当時のレコード会社の人が、そのジャム曲と混同してしまったのだろうか。Voodoochild1

新年早々、新たな謎が生まれた。

|

« Djamra live at Nano in Kyoto | トップページ | 【よた帝通信】「常世の門」店頭販売のお知らせ。 »

コメント

明けましておめでとうございます。
僕はずっとブードゥーチャイルだと思ってます。
だって本人もChileって歌ってるし。
「d」の発音は聞き取れないと思うけどなぁ。
意識して聞いてないけど。

あれはCDになんと書いてあろうが
Voodoo Chile です。 

投稿: マコちゃん | 2008年1月 5日 (土) 18時56分

>マコちゃん

おめでとうございます。今年もよろしくです。
でしょ?Voodoo chileだと思うんだけどねぇ・・・。
ただ、ご本人が"child"って書いてるから、いかんともしがいたいですよね(^^;

投稿: 皇帝 | 2008年1月 6日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/9726328

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年~Voodoo child (slight return):

« Djamra live at Nano in Kyoto | トップページ | 【よた帝通信】「常世の門」店頭販売のお知らせ。 »