« 【よた帝通信】CD「常世の門」完成 | トップページ | 謹賀新年~Voodoo child (slight return) »

2007年12月31日 (月)

Djamra live at Nano in Kyoto

冬の京都は寒い。
今日は特に寒かったなぁ。多分、この冬一番だったんじゃないか。
昨日から自宅にこもって、先日のプログレ普及会の映像記録を編集しているのであるが、なにぶん映像編集という作業は初めてで、試行錯誤やら失敗やらを繰り返し、なかなか遅々としてはかどらない。
やっと今日になって、なんとか目途が立って、出かけることができた。
目的地は、来月によた帝ライブで競演をお願いしているDjamra(じゃんら)の今年最後のステージが行われるNanoというライブハウスである。
押小路通西洞院にある最近できたお店のようだ。初めて行ってみた。

地図を頼りに赴くと、なんだか昔ながらの京都の街並みの中に入っていく。
こんなところにライブハウスなんてあったっけ?と思っていると、あったあった。
地下に降りてドアを開けると、お店のサイトに書いている通り小さい。
思わずマスターに「ここ、何人入るんですか?」などと失礼なことを訊いてしまった。

ほどなく、Djamraのメンバーが現れ、しばし歓談。
そうこうするうちにお客さんも入ってきて、いよいよ開演。
この日の出演は、

Djamra/ときめき☆ジャンボジャンボ/hagure/セシオン

の4バンド。
Djamra以外は、申し訳ないけど、名前も知らなかった。
ところが、である。
いずれもインストバンドながら、凄まじく個性的で、熱気あふれるすばらしい演奏を聞かせてくれた。
いや、行ってよかった。

まず、トップバッターはhagure。
サックス、ギター、ドラムという小編成であるが、非常にイマジナティブな演奏だ。
3人とは思えない広がりを感じさせる。
しかも、演奏が楽しそうだ。というか、ほんとに楽しいのだろう。
ジャズっぽくもあり、時おりロックっぽくもあり、小編成ならではの柔軟性もみせる。
あとでメンバーと話をさせてもらったのだが、まだ学生さんだそうだ。
こういう若い人たちが、このようなクリエイティブな音楽を演奏しているのは、頼もしく思える。

次に、セシオン。
一見、普通にロックやってますみたいな風貌の青年3人によるギタートリオである。
出てくる音は確かにロックなのだが、攻撃性が尋常でない。
猛烈なスピード感とただごとでない音圧で、会場を席捲する。
それに反し、MCがどことなくすっとぼけた感じで、なんだかほっとする。
このバンドも小編成ならではのアンサンブルの柔軟性を武器としている。

3番手に、Djamraの登場。
さすがにベテランならではの安定感・・・というか、いつもながらの超絶高速アンサンブルで、会場は興奮の坩堝、阿鼻叫喚の巷。
強烈な若手個性派バンドに一歩も引けをとらないばかりか、いつもにも増してアグレッシブだったかも。
来月は、このスリリングで攻撃的なバンドと同じステージに立つのかと思うと、非常に楽しみである。

最後はときめき☆ジャンボジャンボ。
なんだか人を食ったような名前だが、これだけ名前と出てくる音のギャップが大きいバンドもめずらしい。
ベースの青年が(バンマスだそうだ)、ステージに上がるなり、「酔っ払ってるぜぇ~」みたいな発言をして、また、どう見ても実際に酔っ払っているようなので、一体どうなることかと心配したが、その心配は演奏が始まるとともに吹き飛んでしまった。
這いずり回るリズム隊と先鋭的なギター、そしてリリカルなキーボード。
こう書くとなんだかミスマッチに見えるが、これらが一体となって音の塊となって押し寄せてくる様は圧巻であった。
演奏自体は、ヨーロッパのヘヴィープログレっぽいのだが、そこにフランス印象派のような和声のキーボードによる叙情的なメロディーが乗っかって、非常に不思議かつ新鮮な感じ。
いや、思わずCD買っちゃいましたよ。
終演後、メンバーの方とも話させてもらったが、演奏中の激しさとは打って変わって、穏やかで丁寧な印象だった。
最近の若い人は、人間ができてるなぁ。

・・・とうわけで、3時間、立ちっぱなしという普通なら難行苦行なライブだが、この日は全然それが苦痛にならなかった。
どのバンドも非常に熱くすばらしい演奏で、時間が経つのを忘れるほどだった。
次から次へと、目が覚めるような音楽を全身に浴びて、なんだか身も心も軽やかになったような気分だ。
小さい小さいと書いたが、お店の音響もよく、抜けのよい音で、大音量でも苦にならない。
いいお店を見つけた、と思った。

最後に、今年も大過なく過ごせたことを周りの方々と天に感謝して、一年の締め括りにしたく思う。
どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますよ~。

Getattachment

|

« 【よた帝通信】CD「常世の門」完成 | トップページ | 謹賀新年~Voodoo child (slight return) »

コメント

皇帝様!
明けましておめでとうございます!
今年一発目26日お世話になりますが、
どうぞよろしくお願いいたします!

投稿: Nakakita | 2008年1月 2日 (水) 15時15分

>Nakakitaさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。
昨年末はすさまじいライブをありがとうございました。
大いに刺激になりました。
26日はよろしくお願いいたしますね~。

投稿: 皇帝 | 2008年1月 3日 (木) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/9642376

この記事へのトラックバック一覧です: Djamra live at Nano in Kyoto:

« 【よた帝通信】CD「常世の門」完成 | トップページ | 謹賀新年~Voodoo child (slight return) »