« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月23日 (月)

「恐怖のショック療法」

Shocktreatment_1 よくイギリスのプログレバンドの国内版CDを買うとファミリーツリーなんかふろくでついていたりするが、あまりアメリカのバンドに関わるそういうものを見たことがない。というかアメリカのバンドのCDはあまり買わないので知らないだけなのかもしれん。

あまり知らないアメリカン・ロックのファミリーツリーの中でも、わたしが知っているくらいだから、やはり有名なのだろう、ウィンター・ファミリー。
”百万ドルのギタリスト”ジョニー・ウィンターを筆頭とするその関連のミュージシャンを総称してそう言う(のだと思う)。
ブルースどっぷりのジョニー兄貴も好きだが、その懐刀リック・デリンジャー、実弟エドガー・ウィンターが組んだ「エドガー・ウィンター・グループ(以下EWG)」ってのが、むかしから好きだった。と言っても、2作しか聞いたことないんだけど。

そういえば、後に英米混成の超弩級プログレッシブハードロックバンド、「キャプテン・ビヨンド」とか「アルマゲドン」とかでドラムを叩いたボビー・コールドウェルもウィンター・ファミリーの一員だ(と思う)。あ、AORのボビコさんとは別人だってさ。

で、そのEWGの"Shock treatment"である。「恐怖のショック療法」とうい恐ろしげな邦題がつけられていたので、わたしと同じくらいの年代のロックおやじは一度くらいは耳にしたことがあるのではなかろうか。
なんか「恐怖の頭脳改革」みたいだな。
邦題とは裏腹に、ジャケはご覧の通りかなりアイドルバンド然としていて、かわいい。特にリック・デリンジャーは、当時アイドル的に人気あったしな。エドガーはちょっと怖いけど。

この作品は、学生時代、友人の持っていたレコードを借りてカセットテープにダビングしたのを愛聴していたのだが、カセットテープが再生できない現在の環境では聞くすべもない。
しかし、不意にどうしても聞きたくなって、某オークションで探してみたら。あったあった。
さっそく落札してひさびさに聴いてみた。

いやぁ~、当時からすごいと思っていたけど、やっぱりすごかった。
ハードロックありロックンロールありファンクありR&Bっぽいのもあり、非常にバラエティーに富んでいて、しかもそのいずれもがきちんとしたバンドサウンドになっていて、メンバーの力量の高さが窺い知れる。
1974年の作品だから、時代的にはイギリスのグラムロックに対抗して売れ線狙いで作ったんだろうな、と思わせるが、それがいい方向に作用しているって感じ
アメリカン・ロックにありがちな大味でだらしない感じではなく、きちんとした歌メロとアレンジで、非常にスマートである。
プロデュースはリック・デリンジャーが担当しているから、きっと彼のセンスなんだろう。
意外なことにほとんどの曲はベースのダン・ハートマンの手によるもので、ボーカルも彼が中心だ。その中で、ときどき挟まるエドガーのファンキーな曲と歌唱がいい感じのアクセントになっている。

現在、日本盤は廃盤のようだが、こういう名作を埋もれさせておくのは実にもったいない。リスナーがいい音楽に触れる機会を奪っているレコード会社の怠慢だと思う。
某大手CD通販サイトで調べてみると、中古輸入盤で\12,579なんて値段になっている。えぇ~?なんかの間違いだろ?

日本盤が廃盤ってことで、もうひとつ残念なのが、本作収録曲の当時の邦題がわからないってことだ。
ものすごくイケてる邦題だったのになぁ・・・。さすがに全部は覚えていない。
覚えている範囲では、
"Some kinda animal"が「俺たちは野獣だ!」とか
"Animal"が「暴虐と扇動の野獣たち」とか
"Sundown"が「暁のハイウェイ」とか(違ったかな?)、
もう、70年代中葉の洋楽テイストてんこ盛りで、すごくいい感じだった。
残念なことである。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

【よた帝通信】Youtubeにアップしました。

まったく便利な世の中になったもので、ネット上で自分たちの映像を世界中に公開できるようになったとは、恐れ入ったものである。
Youtubeなるサイトが存在し、世界中からいろいろな映像が投稿されているとは知っていたが、自分たちの演奏をアップしようとは、ついぞ思いつかなっかた。かかるバンマスの不明をフォローしてくれたのが、"帝国の頭脳"ジョージ君である。
彼が機転を利かせて、先日の難波ロケッツの映像をアップしてくれた。
そうしたら、外国の人から「CDを売ってくれ」なんてメールが来たりして、これまたびっくり。
残念ながら売るようなCDはないので、丁重にお断りしたが、惜しいことをしたものである。
まったく表現のメディアはどんどん進歩していっているのであることよ。

そんな訳で、ここを見ている皆さん、ぜひ覗いてみてください。帝国サイトにもリンクを貼っておきました。
アップしたのは以下の4曲。

肉電車
常世の門
乾坤の果て
かつらぎ

20 22

23 21






ほんと、便利な世の中になったものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »