« 六合ライブ at Mojo in Kyoto 2006/12/14 | トップページ | 謹賀新年。 »

2006年12月22日 (金)

六合ライブ at Muse Hall in Kyoto 2006/12/21

2週連続の六合ライブ観戦である。
個人的には、前回は音響面で、やや不満が残る(というか、六合の魅力を伝え切れてないな、と感じる)ライブだったので、今回はどうか興味津々で出撃した。
Museは、ハコそのものは広くて、開放感があるが、低音がもこもこする傾向があるので、そのあたりをどう対処しているのかも、気になるところであったわけだ。

もう少し早めに現地着の予定だったのだが、結局着いたら前のバンドの演奏は終わっていた。残念。
この日は、椅子机は隅に追いやられ、中央が広く空いたスタンディング形式。
しかし、お客さんが少ないので、やや寂しい。
いつも思うのだが、ホールの中央後部のスペースを物販席にしてお客を排除しているのはいかがなものだろうか。あそこのカウンターテーブルあたりが音のバランスもよく、ステージ全体も見渡せて、一番の特等席だと思うのだが・・・。
結局、フロア前方のテーブルのところに立って観戦。

さて、この日の六合であるが、今回も客席に背を向けての演奏スタート。
ギターもバランスよく聞こえ、演奏の輪郭がくっきりと・・・と言いたいところだが、案の定ベースがもこもこした音になっていて、ボトムがぼやけてしまったのが非常に残念。
演奏そのものは、すごく勢いがあってよかったんだけどなぁ~。
つくづくライブでの音作りの難しさを感じた。

本日初披露という大作を織り交ぜて(リフがブラック・サバス風だな、と感じたのはやはり歳のせいか・・・)、1時間近くあったステージであったが、一気に聴かせてしまうところはさすが。あっという間に終わってしまった。
前回はよく聞こえなかった新加入の南氏のギターもよく聞こえ、ギター2本のアンサンブルの効果が発揮されていた。
一見、水と油のような両者のスタイルの違いを上手に役割分担させ、楽曲のイメージを膨らますアレンジであった。
フロント3人の連獅子が如きヘッドバンキングも、視覚面での効果絶大。
これでベースがくっきりと聞こえたら・・・と思うと、まことに残念であった。

後に予定もあったので、帰り際によた帝のデモを受付のお姉さんに渡して、さっさと退散。

|

« 六合ライブ at Mojo in Kyoto 2006/12/14 | トップページ | 謹賀新年。 »

コメント

2週連続でのご来場ありがとうございました!
他のお客さんにも言われましたが、外音が良くなかったようで…。
中音は良い部類だっただけに残念です。

"人垣牢"サバスっぽいですか。
なかなか興味深いですねそれは。
もうちょっとリフをドゥーミーにしてみようかな(笑)
中間部はノリやすい変拍子を意識して作ってみましたが如何だったでしょう?

今回他のバンドさんは10日ほど前に出演が決まったそうなので、動員はほぼゼロだったようです…。
これでは折角の対バンの意味がないですよね。

また宜しくお願いします。

投稿: sin | 2006年12月22日 (金) 23時50分

お疲れ~。

サバスと言っても、"Master of reality"~"Vol.4"あたりの暗黒な雰囲気を感じたのだけど、違ったかな?
中間部は、そういえば変拍子だったかなぁ、というぐらい自然な感じでしたねぇ。ステージ上がのりのりだったので、思わず見入ってしまいましたよ。

対バンの件は、それはきついねぇ。
平日晩だとやはりあまり出る人もいないんだろうね。
いっそワンマンでやらしてもらえばよかったのに(^^;

投稿: 皇帝 | 2006年12月23日 (土) 10時32分

>"Master of reality"~"Vol.4"あたりの暗黒な雰囲気

あぁ、確かにそうかも知れませんね。
本人は意識してないでしょうけど、サバスの影響が現代のヘヴィ系バンドに脈々と受け継がれ、そういうバンドに影響を受けているといったところかも知れません。

中間部の変拍子は、5/8が基本で、その後6/8がややランダムに混ざり、最終的に6/8になってます。
リズムに合わせて上物作ったので、ギターだけ聴くとかなり気持ち悪いですよ(笑)

投稿: sin | 2006年12月24日 (日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/4635745

この記事へのトラックバック一覧です: 六合ライブ at Muse Hall in Kyoto 2006/12/21:

« 六合ライブ at Mojo in Kyoto 2006/12/14 | トップページ | 謹賀新年。 »