« ブログの功罪。 | トップページ | 六合ライブ at Muse Hall in Kyoto 2006/12/21 »

2006年12月15日 (金)

六合ライブ at Mojo in Kyoto 2006/12/14

ひさびさに六合のライブを聴きに行った。
この日は7バンド中、出番がトリなので、時間の余裕があって、行きやすかった。

ギターが交代して、初めてのライブということで、どのような変化があったか楽しみにしていた。
ただ、休止直前の数回のライブは諸事情で観戦しなかったので、ごく初期のころとしか比較できないので、ちょっと残念ではあるが。

Mojoというのは、オールスタンディングで、まぁ、若モノ向けのライブハウスで、わたしのようなオヤジが行くと、微妙に浮いてしまう。店内に入ると、「神風ボンバーズ」という千葉から遠征に来たバンドの演奏が始まるところだった。。
かなり暑苦しい演奏と歌だったが、非常によくまとまったいいバンドだと思った。特にリズム隊のコンビネーションは、なかなかのものだ。ボーカルの人の煽りが、やや類型化されたありがちなものだったが、熱血ぶりは好ましい。これからも、がんばっていただきたいものである。

さて、そうこうするうちに、我らが六合の演奏が始まろうとするころ、見知った方々がやって来た。一気に店内の平均年齢が上昇したようである(^^;
最初は、メンバーが客席に背を向けて演奏開始。
一曲目から爆音全開で、非常に潔いオープニングだった。が、ちょっとドラムの音がへこんでいる感じ。それと、2本のギターの音量バランスに、いささか問題あり。新加入の南氏のギターがあまり聞こえない。ぼじお君の新機軸ドラムセットをよく見ておこうと思って、ステージ下手のモニターのまん前に陣取ったので、そのせいかもしれない。
ドラムの音に関しては、曲が進むにつれ改善されて、どんどん前に出てきて、彼らの持ち味である、リズム隊のゴツゴツしてるけどしなやかなところがよく聞こえてOK。
新曲で、やや危なげなところも見えたが、やはりバンドの勢いが凄まじいので、一気に楽曲の世界に引き込まれてしまう。
さすがだ。

途中、エスニックな演奏を交えて(ぼじお君の新兵器が効果的)、新面性を見せつつも、全体にチカラわざで寄り切ったという印象。
やはりハコの音響のせいか、ラウド感?が強く、この日は「オルタナ六合?」であった。これまたモニターのまん前で聴いていたせいかもしれない。
しかし、晋平氏のMCにも見られるように、非常に自信に溢れた演奏で、なるほど、これが「新生六合」の姿なのか、と納得。
これからのさらなる進化が楽しみである。

さすがにモニターまん前での観戦は、どっと疲れが出て、そそくさと退散。

|

« ブログの功罪。 | トップページ | 六合ライブ at Muse Hall in Kyoto 2006/12/21 »

コメント

御来場ありがとうございました!
モニターの前で観ておられたんですね。
しかも、僕のセットをチェックする為に…ありがとうございます(涙)
MOJOは以前に比べると大分音がマシになった印象なんですが、「ヘヴィなバンド」と思われている分、外音もデカめに出されてるのかも知れませんね。リハの時に一応チェックはしてるんですけどねぇ…。
更に精進を重ねます。

2月のよた帝復活、とても楽しみにしているので頑張って下さいね!

投稿: sin | 2006年12月16日 (土) 01時53分

お疲れでした~。
レス遅くなってすまぬ。
Mojoは天井も低いし、間口も狭いし、音響的にはしんどいところですね。音の広がりをあまり感じさせないバンドだったら、気にならないんだろうけどねぇ。
Museではどう聞こえるか気になるので、都合ついたらそっちも聞きにいきます。

よた帝復活ライブはぜひともよろしく~。
昨日もリハやってきました。仕上がりまでもうちょいってところです。

投稿: 皇帝 | 2006年12月17日 (日) 13時13分

そうですねぇ。
でもハコに影響されない音作りをしっかり出来るようにならないといけません…。

MUSE、一応取り置きしておきますね♪
名前はいつも「皇帝」ですが、本名の方が良いですか?(笑)

投稿: sin | 2006年12月20日 (水) 05時45分

う~ん。
「ハコに影響されない音作り」というのは、確かにそうなんだけど、現実的には、必ず店のPAを通して音が出てくるし、卓を操作するのは店の人だし、なかなか難しいでしょうね。
ハコの物理的条件にも影響されますからね、天井が高いとか、奥行きがないとか。

パンクやシンプルなハードロックだったら、ハコが狭かろうが、広かろうが、同じように聞こえるんだろうけど、六合みたいにリズムやメロディが複雑で「広がり」を感じさせるバンドだと、そうもいかんだろうと思う。

では、21日はよろしく~(行けなかったら、ごめんね)。
名前は、「よたろう」でいいよ。わかりやすいし。
本名だとわかりにくいんですよ、かえって(^^;

投稿: 皇帝 | 2006年12月20日 (水) 07時53分

勿論100%望む音ってのは無理だと思うんですが、それぞれのハコなりに極力良い音を引き出せないといけないなと。
そうじゃないとお客さんに伝わりませんからね。
ヘヴィさもチューニング落として歪ませるだけじゃなくて、ノリや全体の世界観でももっと表現していきたいです。

まぁでも音抜けの良いハコにこしたことはないですね(笑)

では、取り置きは仰せの通りに…。

よろしくお願いします!

投稿: sin | 2006年12月21日 (木) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/4553945

この記事へのトラックバック一覧です: 六合ライブ at Mojo in Kyoto 2006/12/14:

« ブログの功罪。 | トップページ | 六合ライブ at Muse Hall in Kyoto 2006/12/21 »