« さて、新規一転、新しいブログで。 | トップページ | 「真・黙示録」 »

2006年8月11日 (金)

世界で最初の弦楽器専用ミュート

そんな訳で、今日も炎天下の京都市内を自転車で走る羽目になってしまった。
結局目的の品物は手に入らなかったのだが、某大手W楽器店に注文したところ、メーカー在庫があり、今週末くらいには入荷とのこと。たかだか2000円くらいの品物なのに店員さんが親切に対応してくれたので、ちょっと気分がよかった。

案外、用件が早く終わってしまったので、ついでに某J楽器店の本店に行ってみる。ギター関連の小物を見ていると、なんかそこだけ昭和にタイムスリップしたかのような、商品がぶら下がっている。

Jakuonki

「世界で最初の弦楽器専用ミュート 弱音器」というものらしい。

現物の構造は、樹脂でできたクリップのようなものにスポンジを貼り付けてあるだけのもので、これを使ってブリッジの手前で弦を挟み込んで、ミュートするようである。う~む、そんなことしたら、音程が変わってしまうのではないか?写真は、その商品のパッケージなのだが、左側にクリーム色みたいな長方形の物体が見えるが、それが「弱音器」だ。

右側には、アコースティックギターを抱えた女性が恥ずかしげに微笑む写真をあしらっている。この人のたたずまいが、どう見ても昭和50年代前半なのだ。頭の上には、どういう訳か日の丸と星条旗があるし。多分日米で特許を取っているのだろう(違うかな)。これがまた、すぐれもので、ギター、ウクレレはもちろん、マンドリン、リュート、バンジョー、バラライカ、シタール、果ては馬頭琴にまで使えるそうだ。シタールの指板って、こんなに狭かったかなぁ?このパッケージの鄙び具合から、一見すると、中国製の製品かと思うが、ちゃんと日本製なのだよ、これが。

で、この女性の抱えているギターのブリッジ下部に黒い丸が見えるでしょ?これが何か気になってしまって、裏側を見ると・・・

Jakuonki2

いささか見えにくいが、「世界で最初のWホールギター」の宣伝なのだ。「World Sound Guitar大好評発売中!!」などと書いてある。発明者の博士の顔写真まで載っている(残念ながら名前は失念したが、おそらく実名を記載している)。どこで売ってるのかね、などという無粋な突っ込みは抜きにして、どうもこのWホールギターというのは、簡単に言うと、ボディーにもうひとつ穴を開けただけのようだが、これで、飛躍的に大音量を確保できるそうだ。なんでも、大ホールでも、マイク不要の大音量なのだと。それはすごいかも。

しかし、そんなに大きな音が出るアコースティックギターだったら、練習のときにうるさくって困るじゃん、と思った善男善女の諸君、心配召さるな。そんなときのために、かの「弱音器」は、発明されたのである。

・・・う~む、ちょっと21世紀の大手LM楽器専門店で、このようなものを見ることになるとは、お釈迦様でも知らぬ仏でる。田舎の鄙びた楽器店ならいざ知らず。発する空気があまりに昭和なので、ひょっとしたら、古~いデッドストック品を店頭に出しているのではないか、などと思ったが、メーカーの住所を見ると、ちゃんと郵便番号が7桁になっているので、すくなくとも平成の御世になってから10年ほどは営業していたことになる。グランドギター社、なかなか侮れんなぁ。

さて、J楽器店に行ったら帰りには当然、三条京阪のBOOKOFFに寄ることになる。
最近の探し物は楳図かずおと柏木ハルコの著作なのだが、今日はめぼしいものがなかった。そのかわり、なかなか興味深い本を見つけたのだが、その話はまた別項に譲ろう。

|

« さて、新規一転、新しいブログで。 | トップページ | 「真・黙示録」 »

コメント

ハニーフラッシュのボスでーす
一月ほど前にこれ買いましたよ
(東京では結構売ってます)
何に使うかって言うと
オジンバラの騎士と言う
BCRのコピーバンドでベースのサスティンをなくすために買いました
音量はあまり落ちないがそのミュート感は
すごくいい感じでした

投稿: ボス | 2006年8月11日 (金) 03時22分

おぉー、ボス殿、ご無沙汰しております。
このような辺鄙なところまでお越しいただき、まことにありがとうございます。
・・・そうですか、結構実用的な商品なんですね。
ますます侮れんなぁ、グランドギター社。
これを使って、アル・ディメオラのミュートラ奏法のコピーなんてできそうですなぁ。
瞬間的に着脱できるような構造にすれば、もっと実用性が向上するかも。

しかし、「オジンバラの騎士」って、なんか絶妙な名前ですなぁ~。

投稿: 皇帝 | 2006年8月11日 (金) 09時52分

祝復活。
で、楽器屋には何を買いにいかはったので?

投稿: ISSI | 2006年8月11日 (金) 13時43分

これ知ってます!
もう6~7年前に見つけて爆笑した記憶が(笑)

投稿: sin | 2006年8月11日 (金) 15時36分

>ISSI
あ、どうも。ありがとうございます。
え~っと実は、MIDI音源のACアダプターが断線した模様で、ブチブチ電源が落ちるて困っているのです。
GIIIから借りているアダプターでとりあえずしのいでいるのですが、借りたものはいずれ返さねばならぬので(あたりまえか)、買いに行った訳です。エフェクター用のはどこでも売っているんだけど、入出力がかなり違うので、やはり純正のものを買おうと思っております。
(ちなみに最近の音源モジュールは、PCからUSBで電源供給を受けているようで、こんなアダプターは使ってないみたいだね)

ところで、この「弱音器」、ボスのおっしゃるとおり、結構普通に流通しており、かつ便利なもののようです。「グランドギター社」でぐぐって見ると、いろいろ記事が閲覧できますね。

投稿: 皇帝 | 2006年8月11日 (金) 15時43分

あ、時間差。

>sinくん
そうでしょ、店頭で思わずのけぞってしまうよねぇ。
実は、ここに載せた写真は、店頭でこっそり携帯で撮影したものです。なんか怪しい人に思われたかも(いや、実際見た目はけっこう怪しげな人なんだけど)。

投稿: 皇帝 | 2006年8月11日 (金) 15時46分

これ持ってます(笑)
怪しすぎるので、本当にこれで商品合ってるのか何度も確認してしまいました(苦笑)

投稿: asami | 2006年8月11日 (金) 19時48分

>asamiさん
おおっ、また弱音器ホルダーがおられた。
結構人気商品なのかな~。
なんでも、ギターのミュートで、日米のメーカーで製造しているのは、ここグランドギター社だけだそうで、ひょっとしたらギターミュート業界では世界ナンバーワンシェア?
(いや、そういう業界があれば、の話)
それもそうですが、asamiさんがギター弾かれるとは全然初耳です。一度聞かせていただいたいものです。

投稿: 皇帝 | 2006年8月11日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/3013946

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最初の弦楽器専用ミュート:

« さて、新規一転、新しいブログで。 | トップページ | 「真・黙示録」 »