« 「怪談 人間時計」 | トップページ | 東京駅の「神」 »

2006年8月27日 (日)

Djamra Live at RAG

日中は相変わらず暑いが、朝夕はちょっと秋めいてきたかな、と無理やり思って過ごす8月最後の週末。昼間は、新曲のデモの歌録りにスタジオ入り。曲数の割りに時間が短かったので、やっつけ仕事でぱっぱっとと録ってしまったが、後で聞いてみると、こりゃひどい。いくらバンド用デモとはいえ、これでは、何を歌っているのかわからんがな。

Mudmen 夕方から標記ライブを聴きに出かける。まず三条京阪のBOOKOFFに立ち寄る。なにかめぼしいものは・・・と、なんと諸星大二郎「マッドメン」の創美社版(大判)が上下セットであるではないか。ところが、実は先日この文庫版をオークションで落札したところなんだよなぁ(実は創美社番と勘違いして落札したものだ)。しかも、中公文庫の「完全版」も持っているし・・・。同じマンガを三冊も持つのもいかがなものかと思い、断念した。悔しい。

その後、京阪三条の地下の駅前にあるドトールコーヒーに行って、遅い昼食(と言ってもホットドッグなのだが)を摂る。食べている最中にソーセージがつるんとすべってパンから飛び出した。とっさに左手で落ちかけたソーセージをつかみ、ことなきを得たが、あのまま床面に落下していたら、さぞや悲憤慷慨したことであろう。普段はゆっくりとしか動作しないわたしであるが、こういうときは非常に機敏に反応できる。先だっても似たような状況で機敏な反応を示したが、どういう状況だったかは忘れた。確実に記憶力が低下している。老化が進行しているのだ。

Djamralive さて、Djamraのライブであるが、先日のファンダンゴでの企画モノとは違い、本来のアグレッシブで、かつちょいと軽妙なジャズロックを聞かせてくれた。いやぁ~、かっこよかったなぁ。「もう~、なんでそこまでやるのぉ~」という感じの怒涛のユニゾン、高速サックスソロ、一聴しても、さっぱりわからない変拍子の嵐(でも気持ちよい)。あとでベーシストでリーダーの中来田氏に話をうかがったら、現在のメンバーは史上最高の結束を実現しているそうで、なるほどと思わせる。ライブの映像を載せてみますが、暗くてよくわからないね。

ほかのバンドにも触れよう。最初は東京から来たと言うkn(i)tというジャズバンド。Djamraのメンバーとも交流があるようで、Djamraのメンバーが参加してセッションのようなこともしていた。この日はレギュラーメンバーのキーボードが不参加とのことだが、そういうハンディはまったく感じさせない。やはりジャズのプレイヤーのフレキシビリティというのは見事なものだ。

2番目がDjamraで、3番目がこの日レコ発ライブという山賊スマイル。ジャズロック風インストで、なかなかおもしろかったが、なんせ一つ前がDjamraだったので、ちょっとインパクトが弱かった。残念。

最後はフナ橋というソウル・ファンクバンド。これまでジャズっぽくインストバンドばっかりだったので、新鮮に感じた。演奏もしっかりしており(熱い!)、ファンクに対する愛情が伝わってくる演奏であった。もうのりのりで終了。

Djamra3 終演後。中来田氏からDjamraの3rdCDを購入。当然メンバーのサインをしてもらう(最近、こいう場でCDを買うときは必ずサインをしてもらっている)。

そのサインをしてもらったのが、中ジャケなのだが、その写真がまた秀逸で、思わずのけぞってしまった。ちょっとわかりにくいが、メンバーがさらし首になってるんですよ。また、各人の表情がおもしろい。

Djamra31

終演後、同行いただいたB姐と、しばしこの秋のBBAおよびRAG対策について議論し、四条通りまで徒歩移動し、散会。

四条通りからだったら歩いてでも帰れるな、と思い、歩いてみたら、案外楽に帰れた。ちょっと涼しくなってきたからか、酔っ払っていたからか。

|

« 「怪談 人間時計」 | トップページ | 東京駅の「神」 »

コメント

Djamra、凄まじくカッコ良かったですね。
唖然として観戦しておりました。
でも何となく変態ちっく(笑)

私は「フナ橋」好きです。
初めて来た観客に「Higher!」と拳を上げさせてしまう素晴らしいパフォーマンスでした。

いろいろと勉強になりました。
また引きずり回しま~す(笑)

投稿: Brenda | 2006年8月27日 (日) 21時27分

昨日RAGにいらしてたんですか。
僕はスタジオの方で1日中ミックスで缶詰でした…(汗)

投稿: sin | 2006年8月28日 (月) 01時28分

>B姐
すごかったよねぇ~。
Djamraがすごいのはいつも通りでしたが、フナ橋もよかったですね。
ジャズロック系のブッキングの中で、唯一のソウルファンク系だったので、ちょっと分が悪かったけど、やっている人たちの
勢いで客席を圧倒してましたね。最前列の人たちが妙に冷めていて、つらかったけど。意外と知られていないですが、わたし、ああいうソウルファンク系もかなり好きでして、いわゆる血が騒ぐってヤツです。

>sinくん
お疲れさまです。
レコーディングたいへんですね。いいのが録れるといいよね。
がんばってね。

投稿: 皇帝 | 2006年8月28日 (月) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141234/3221860

この記事へのトラックバック一覧です: Djamra Live at RAG:

« 「怪談 人間時計」 | トップページ | 東京駅の「神」 »